曾我泰久インタビュー「今!音楽が一番楽しい」~後編~

曾我泰久インタビュー「今!音楽が一番楽しい」~後編~
2010年4月1日、ソロデビュー20周年の記念日を迎えた曾我泰久(そが やすひさ)。ジャニーズ事務所で活躍後、現在はライヴと舞台を中心に活動中。そんな曾我泰久に直撃インタビュー!後編では、ユニット活動や今後の予定について聞いてみました。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 2010年4月1日、ソロデビュー20周年の記念日を迎えた曾我泰久(そが やすひさ)。インタビュー後編では、ユニット活動や今後の予定をご紹介します。

――ソロ活動以外に、多くのミュージシャンとコラボレーションされていますね。2009年にCDで発表した「同級生」という曲は、「杉真理さん」との共作になっていますが…。

 杉さんは、大きな刺激を与えてくれる大先輩です。「同級生」は詞をお願いしたら、曲のサビ部分も考えてくださいました。アイディアをいっぱい出して、意見を聞いてくれる杉さんに接していると、音楽のイメージがどんどんふくらんでいく。「音楽はフックが大事。曲を聞いた時にひっかかる部分がなければ、ポップスのマジックはない」と教えてくださって、なるほど!と思えることに気づかせてくれた。J-POP界を切り開いてきた大御所で、心から音楽を愛している方ですね。

――2月には、日本を代表するジャズピアニスト「野口久和さん」とジャズライヴをされましたね。

 おじいちゃん、おばあちゃんが聞いてくれる音楽って何かなと考えた時、僕は昭和初期のジャズだろうと思うんです。例えばエノケンあたりの曲。そういった曲をライヴで披露しました。老人ホームなどの施設に行って、昭和初期のジャズを歌いたいという思いもあります。僕の世代でそういうジャンルを取り上げるミュージシャンは少ないですし、勉強になる。音楽は各世代に向ける切り口を持っていないと、難しい時代になっていると思うんですよね。昔のようにテレビから音楽が流れて、子どもからお年寄りまで歌える曲って今ないでしょう。僕の音楽は真ん中にソロの音があって、上の世代の方に届けられるのがジャズライヴではないか、と思っています。そして下の世代に届けたいのが、去年結成したThe Paisleys(ザ・ペイズリーズ)の音楽!

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年4月30日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。