赤字続きの香港ディズニー、上海は同じ轍を踏むな(2)=中国

 利益配分の欠陥以外に、香港ディズニーランドは経営にも問題があったと屠海鳴氏は指摘した。香港ディズニーランドは、アメリカ側が派遣した管理スタッフが管理を行っている。香港特別行政区政府は出資者であるにもかかわらず、管理権を所有できなかったのである。かたくなな「アメリカ式管理」も香港ディズニーランド失敗の原因となった。

 それでは、いかにして上海ディズニーランドの経営リスクを軽減すれば良いのか?屠海鳴氏の次のように提案した。1.上海申迪(集団)有限会社は香港ディズニーランドの教訓をくみ取り、自らの利益獲得に尽力する。上海ディズニーランドは香港の二の舞を演じないように、ディズニーランドホテル、ディズニーチャンネル、ディズニー英語システムなど高利潤の関連経営項目にできる限り介入し、利益にかかわっていく。

 2.幅広い地域からの来場者を開拓する。上海ディズニーランドは揚子江デルタ経済圏に位置しており、人口の優位性を持っているが、チケット価格などの要素を考えると、上海ディズニーランドは揚子江デルタ市場のみに頼ることはできず、中国全土、東南アジア市場も開拓する必要がある。

 さらに、屠海鳴氏は次のようにも述べている。「上海ディズニーランドには中国の特色と上海の特徴を融合させる。上海ディズニーランドは設計、建設、経営において『純アメリカンカルチャー』にこだわらず、中国人観光客のニーズ、中国文化、外国スタイルを組み合わせた自らの特徴をもって、市場のニーズに応えていく」

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年1月22日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら