中国画の斉白石がピカソ抜く…落札価格で世界トップに

 フランスの美術品コンサルティング会社「アートプライス(ARTPRICE)」はこのほど、2011年の美術品落札価格トップ10を発表した。現代中国画の巨匠・斉白石が、過去の「ピカソ作品」などを抜き、世界最高の落札額を記録した。チャイナネットが報じた。

 斉白石の『松柏高立図-篆書四言聨』が2011年5月22日に中国嘉徳国際拍売有限公司(以下、中国嘉徳)主催のオークションで世界最高値の4億2550万元(53億4215万円)で落札された。中国美術品が世界最高価格で落札されたのは初めてだった。

 欧州債務危機が深刻さを増した2011年も中国美術品市場は好調だった。中国嘉徳主催のオークションでは、2011年通年の書画取引件数が約1万7000件、取引総額は72億元(約904億円)だった。うち3作品が1億元超で取引された。取引額1000万元超の作品は94点だった。斉白石の『松柏高立図-篆書四言聨』の落札価格は4億2550万元をつけ、同年の最高額で取引された。

 中国美術品市場は2009年以来、世界シェアを拡大。2011年にオランダのマーストリヒトで開催された「アート・アンティークフェアTEAF」で公表された統計によると、中国の美術品市場は2010年にイギリスを抜いて世界第2位となり、世界シェアの23%を占めた。

 アートプライスのまとめによると、2011年に美術品の主要オークションでの高額落札トップ100のうち、30件が中国人によるものだった。同時に、中国の芸術作品に対する評価も高まっている。張暁剛、曽梵志などの中国の著名当代芸術家の作品は、国際オークションで相次いで落札価格を更新している。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2012年2月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。