韓流ドラマを好む中国人は低収入・低学歴の傾向=中国版ツイッター

       
 中国紙の時代周報は27日、ソウル大学の姜明求教授の研究結果として、「韓国や台湾のドラマを好む中国人は定収入・低学歴の傾向があり、高学歴・高収入の中国人は米国や日本のドラマを好む傾向がある」と報じた。韓国ドラマはロジックに乏しく、視聴時に脳を動かす必要がないことが定収入・低学歴の層に受け入れられる理由だという。

 姜明求教授は、20歳から50歳までの北京市民400人を対象に普段視聴しているドラマについて調査した。さらに同研究では、中国のインターネット上の書き込みを引用、「英国ドラマの視聴者は米国ドラマの視聴者を見下し、米国ドラマの視聴者は日韓ドラマの視聴者を蔑んでいる。日韓ドラマの愛好家の下には台湾・香港ドラマの愛好家がいて、中国ドラマの愛好家は最下層とされている」と報告した。

 果たして姜明求教授の研究は信ぴょう性があるのだろうか。中国の簡易投稿サイト・微博での反応を見てみると、研究に対する反論が多く、「中国では男性は日本ドラマを、女性は韓流ドラマを好む」と学歴や収入とは関係なく、試聴するドラマは性別が関係しているとの主張があった。

 また、「韓流ドラマなんて見ないが、それでも自分は貧しいままだ」といった悲壮感ただよう報告や、「日本の首相夫人は韓流ドラマのファンではなかったか?」などといった指摘もあった。

 確かに安倍晋三首相の昭恵夫人は韓流ミュージカルを鑑賞するなど、日ごろから韓流ファンであることを公言しているが、姜明求教授の研究はあくまでも韓国や台湾のドラマを好む「中国人」は定収入・低学歴の「傾向」があるという報告であり、そもそも日本人を対象にした調査ではない。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。