サル年迎えた中国で衝撃・・・ウソだろ! 「西遊記」は中国人より日本人が先にTVドラマ化って・・・

サル年迎えた中国で衝撃・・・ウソだろ! 「西遊記」は中国人より日本人が先にTVドラマ化って・・・
旧正月にあたる春節を8日に迎え、中国でも「サル年」が本格的にスタートした。中国では干支にちなみ、サルが活躍する物語「西遊記」に関する話題が増えている。中国メディア・今日頭条は7日、「まさか! 最初の『西遊記』ドラマが日本人によって作られていたとは」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 旧正月にあたる春節を8日に迎え、中国でも「サル年」が本格的にスタートした。中国では干支にちなみ、サルが活躍する物語「西遊記」に関する話題が増えている。中国メディア・今日頭条は7日、「まさか! 最初の『西遊記』ドラマが日本人によって作られていたとは」とする記事を掲載した。

 記事は、中国において「西遊記」が不動の人気古典文学であると紹介するとともに、初めて同国内でドラマ化された1983年版「西遊記」は未熟な撮影技術ながらも長年多くの人に愛されてきたと説明した。そのうえで、「みんな思いもよらないかもしれないが、もっとも早いドラマ『西遊記』は日本人が78年に日中国交正常化を記念して作ったものだ」と紹介。しかし、その内容は原著からあまりにかけ離れていたため中国人には受け入れられず、中国国内の放送も途中で打ちきりになったと解説した。

 記事は「ウルトラマンのような特撮を用いた、孫悟空が岩から生まれるシーンで出てくる悟空は、サルではなくまるでゴリラ」、「三蔵法師が女性」、「猪八戒もブタっぽいのは耳だけ」、「沙悟浄に至っては河童で、ちっとも風格がない」とバッサリ。さらに、本来兄弟である金角・銀角が夫婦とされたことなども「中国人には受け入れられなかった」とした。

 その一方で、「客観的に見れば、日本版の『西遊記』の撮影レベルは相当なものであり、コンピューター技術などではその後の中国版よりはるかに優れていたのである」と評価している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2016年2月10日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら