日本企業に先見の明があった・・・だから事業を中国企業に売却した=中国メディア

日本企業に先見の明があった・・・だから事業を中国企業に売却した=中国メディア
中国メディアは、中国企業が日本企業から家電事業を買収した事例について、「日本企業に先見の明があった」と称賛する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国企業が過去に日本企業から家電事業を次々に買収した時期があった。中国のネット上では、この現象は中国企業の勃興と日本企業の没落を象徴しているという声が溢れたものだが、中国メディアの今日頭条は10日付で、中国企業が日本企業から家電事業を買収した事例について、「日本企業に先見の明があった」と称賛する記事を掲載した。

 記事は、際立った先見の明を持つ日本企業の一例としてNECを紹介。NECは「日本コンピューターの始祖」でありながら、まだ多くのユーザーがコンピューターを購入していた2011年当時に「コンピューター事業を放棄することを突然決定」し、日本社会を非常に驚かせたと説明した。

 NECのコンピューター事業を買い取ったのは中国企業のレノボだったが、しかし8年が経過した現在、コンピューター産業はすでに「斜陽産業」になっていると指摘。コンピューター事業を買い取った後のレノボの業績は下降の一途を辿っているとしたが、逆に、NECは伝統的なコンピューターが淘汰されることを「とっくに認識していた」と称賛した。

 また、こうした先見の明は日本のテレビ製造事業においても発揮されたことを紹介、数年前の中国メディアは「中国は日本の最も大きな事業を買い取った」、「日本製造業は終わった」という論調にあふれていたとしたが、現在は家でテレビを見る人は減っていると説明し、日本人はこれを予期していたがゆえにテレビ事業を捨てたのだと論じた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年9月16日の中国記事

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら