ますます悪化する日韓関係のなか、日本人が冷静に考えておくべきこと

ますます悪化する日韓関係のなか、日本人が冷静に考えておくべきこと

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、日本の過去の戦争責任に対する日本人と国際社会の温度差について指摘する。

* * *

「(慰安婦だった)おばあさんの手を握り、申し訳なかったとひと言言えば、すべての問題が解決されるだろう」

天皇陛下に謝罪を求めた韓国・文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言が日韓間の新たな火ダネになっている。

「甚だしく無礼」(河野太郎外相)と、発言の撤回と謝罪を求める日本政府に、文議長は「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めるのは盗っ人たけだけしい」と応戦し、ゴタゴタは一向に収まる気配がない。

このやりとりを報じる日本国内の報道もほとんどが文議長に批判的だ。

だが、ここは冷静になる必要があるのではないか? というのも、国際社会では文議長の発言は特別に過激なものではないからだ。

昨年訪れたボストン美術館でのことだ。戦争をテーマにした展示コーナーがあり、ヒトラー、ムッソリーニと並んで昭和天皇の戦争責任を問うイラストが当たり前のように展示されていて驚いたことがある。

日本は戦後、平和憲法の下で象徴天皇制となり、9条で非戦を誓った。それ以来、軍事的な行動で誰ひとり傷つけていないし、傷つけられてもいない。国民の多くが平和な日本を謳歌(おうか)し、過去の戦争責任が議論されることも少なくなった。

しかし、国際社会の受け止め方は違う。ボストン美術館の天皇のイラストのように、いまだに戦前の大日本帝国の戦争責任を記憶し続けている。そうした世界の人々から見れば、文議長の発言は日本人が感じるほど違和感のあるものではないのだろう。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月8日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。