太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

       

何に突き動かされているのか全然わからない不気味な熱意に押されてか、関谷社長はバカな中学生男子に教えるようにソーラー発電のことを丁寧に説明してくれた。

「バイクで移動するなら、これを持っていくといいです」

用意してくれたのは、折り畳み式の100Wソーラーパネル2枚。これに100Vの出力付き1500Wポータブル電源をつなげば、晴天なら約8時間で満充電となるらしい。あとは、このポータブル電源に電動バイクのバッテリーの充電器を差し込めば、バイクが充電できるというシステムだ。

太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

100Wのソーラーパネル2枚で発電
太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

丸めるとA4サイズくらいのケースに収納できる

40km走行して、8時間充電。また40km走って、8時間充電。これをずっと繰り返せば、10日間で500kmくらい走れる気がする。ま、ずっと晴れてればの話だけど......。

ソーラーリュックはナビなどに使うスマホの電源として使用。さらに、雨の日や緊急時に備えて足こぎ式の発電機も用意した。これを70時間不眠不休でこぎ続ければ、ポータブル電源は満タンとなる。70時間......(吐き気)。

太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

非常用の足こぎ式発電機。70時間こぎ続ければ電動バイクのバッテリーは満タン。70時間......

西宮へ帰り、さっそくソーラーパネルで充電開始。2日間でバイクのバッテリーとポータブル電源は共に満充電となった。いけるんじゃね?

リアキャリアにポータブル電源と足こぎ式発電機を積み、リュックにソーラーパネルを収容。前かごに荷物を積むとヘッドライトをふさいでしまうため、夜間の走行を考えて空にしておく。これ以上は荷物の積みようがない。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。