ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!!...の画像はこちら >>

新型ステップワゴンの開発責任者の蟻坂篤史(ありさか・あつし)氏。新型ステップワゴンの開発責任者であるホンダの蟻坂氏。開発初期は先代のステップワゴンとライバル車をワインディングに引っ張り出し、徹底的に課題を洗い出したという

5月27日に発売となった6代目「ステップワゴン」。初代は1996年に誕生し、累計販売台数は169万台以上を誇る。まさにホンダの看板モデルのひとつだ。しかし、近年の販売ではライバルに大苦戦。今回の新型でどう反転攻勢に出るのか?

自動車専門誌の元編集長のキャリアを持つ、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎(わたなべ・よういちろう)氏が6代目の開発トップ・蟻坂篤史(ありさか・あつし)氏を粘っこくインタビューした!

* * *

■ライバル車に乗って開発した

ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」

報道陣向けに行なわれた6代目の試乗会。初代へのオマージュを感じる見た目だ

――現在、国内で販売するホンダ車の約30%をN-BOXが占めています。そこにほかの軽自動車とコンパクトカーを加えると、80%を軽く超えてしまいます。

蟻坂 そのとおりです。

――薄利多売のダウンサイジングが進むホンダのなかで、新型ステップワゴンはこれからどんな役割を果たすのでしょうか?

蟻坂 はい。新型ステップワゴンは、価格が高まったミニバン市場の一角に食い込めるよう開発を行ないました。

――具体的には?

蟻坂 歴代ステップワゴンのすべてを見直しました。そこでわかったことは、お客さまが求めているのは〝ミニバンの基本価値〟だと。ですから、今回は飛び道具的な装備は一切採用していません。


この記事の画像

「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像1 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像2 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像3 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像4
「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像5 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像6 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像7 「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像8
「ライバルに苦戦中のホンダのミニバンが7年ぶりにフルチェン!! つーわけで、開発トップを直撃!「なぜ、新型ステップワゴンはオラオラ顔じゃないんですか?」」の画像9