デキる人が持っている「知性」の正体とその身に付け方

デキる人が持っている「知性」の正体とその身に付け方

高学歴で、論理的な思考に優れ、弁も立つ。でも、思考に深みが感じられない。
そんな人は身の回りにいないだろうか。

逆に本当にデキる人からは「思考の深み」、すなわち「知性」が感じられるものだ。だが、「知性」とはどうすれば身につくものなのか。その問いに答えてくれる一冊が『知性を磨く― 「スーパージェネラリスト」の時代』(田坂広志著、光文社刊)である。

本書では、高い成果を上げるビジネスパーソンに不可欠な「知性」の正体を明らかにし、これからの時代を生き抜くための「知の在り方」を考察している。では、「知性」とは一体何を指すのか、本書から紹介していこう。

■「知性」と「知能」の違いとは?

突然だが、「知性」と「知能」の違いを答えられるだろうか?

著者によれば、この二つは似て非なるものであり、まったく逆の意味を持っているという。

「知能」とは、「答えの有る問」に対して、早く正しいことを見出す能力。
「知性」とは、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力だとしている。

現在の教育で身につくのは、まさしく「知能」だ。しかし、社会に出れば「答えのない問い」に出遭うことの方が圧倒的に多い。

例えば、新事業企画のプレゼンを正しい理屈でわかりやすく語っても、現実のビジネスでは市場規模や数字、事業戦略といった論理の向こうに、顧客やその仕事に関わる人たちの生の声や思いというものがある。
そうした数字や論理以外の目に見えないものをとらえ、そこで問いを発し続けなければ、思考に深みは出てこないのだ。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2018年4月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら