第3回「和牛甲子園」に17県30校の“高校牛児”が集結、鹿児島県立市来高校が総合部門で最優秀賞

第3回「和牛甲子園」に17県30校の“高校牛児”が集結、鹿児島県立市来高校が総合部門で最優秀賞
〈共励会では岩手・水沢高校が最優秀賞、単価4,001円でふじなわが購買〉
JA全農が主催する、第3回和牛甲子園が東京・品川の東京食肉市場、品川グランドホールで1月16~17日に開催され、鹿児島県立市来農芸高等学校が総合部門で最優秀賞に輝いた。第3回大会となる今回は、全国17県・30校から“高校牛児”が集まり、共励会には44頭が出品された。

和牛甲子園は全国の農業高校で肥育された和牛を対象に、農業高校の生徒を集めて和牛肥育体験発表会、和牛枝肉共励会を開催し、将来の畜産業の後継者たる高校生に情報交換・交流の場を提供し、肥育技術と生産意欲向上を図り、日本の農業後継者・担い手を育成するもの。共励会に先立ち16日に体験発表会が開催され、総合部門最優秀賞に輝いた、市来農芸高校が「牛から学ぶかけがえのない青春」と題した発表で最優秀賞を獲得した。

総合部門で最優秀賞を獲得した、市来高校の生徒たちは「昨年の大会では優秀賞で、悔しい思いをした。今回は総合で最優秀賞を取れた。飼養管理ではアニマルウェルフェアに取り組んでいるが、恒久的に取り組んでいる。枝肉はいつもと違う美しさがあった。皮下脂肪が若干多かったので、日ごろから気を付けて管理していく必要があると感じた」と最優秀賞獲得を喜んだ。また牛から学んだことについては「毎日の飼養管理は簡単なことでなく、命の大切さなどを学び、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。来年は枝肉部門でも最優秀賞を目指したいと意欲を示した。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。