アサヒコ「昔あげ」30周年記念キャンペーン

アサヒコは6月から8月末まで、2021年に発売30周年となる「昔あげ」プレゼントキャンペーンを実施する。対象商品(「昔あげ2枚入」「国産大豆昔あげ2枚」「国産大豆昔あげ1枚入」「昔あげ3枚入」「昔あげこあげ2枚入」「昔あげきざみ」)のバーコード12枚を集めてハガキで応募すると、お洒落な「アラジン グラファイト グリル&トースター」が抽選で3人、アサヒコ豆腐・揚げ詰合わせ10個セットが27人に当たる。


〈関連記事〉セブンイレブン限定「たんぱく質10gの豆腐バー(柚子胡椒風味)」発売、発売30周年「昔あげ」は販売強化/アサヒコ 

このほど開設した、アサヒコホームページ上の30周年記念ブランドサイトでは、豆腐マイスター・藤本マキ氏が監修した、トースターで焼くだけで家でも揚げたてのような「昔あげ」が楽しめるレシピも紹介している。キャンペーン詳細は今後、30周年記念ブランドサイトのほか、インスタグラムなどで告知していく予定としている。

「昔あげ」は、浮かし揚げ製法でじっくりと揚げ、豆腐質たっぷりの肉厚さが特長だ。「Fresh Package製法」により21日間の日持ちが可能で買い置きにも便利。また、にがりを100%使用し、鮮度管理された菜種油でじっくり揚げ、豆腐のうま味と油のコクをギュッと凝縮している。

直近の販売動向も好調だ。
アサヒコの池田未央マーケティング部長は、「通常気温が上がり始めると油揚げの売上は落ちるが、『昔あげ』は好調を維持している」と話す。その要因について、「アサヒコでは、糖質オフなピザ生地の代わりとして油揚げを提案するなど、レシピ提案が実を結びつつあるのではないか。従来のみそ汁や煮物だけではなく、焼いたり炒めたりと油揚げの食べ方が変わってきていると考えられる」と分析している。

◆アサヒコ「昔あげ」30周年記念ブランドサイト

〈大豆油糧日報2021年5月11日付〉