海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】

海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】
拡大する(全11枚)

2011年の東日本大震災、「3・11」からちょうど10年。各地域で防災の取り組みが生まれ、取り組まれるようになった。いま「地域の防災」はどうなっているのだろうか。

第1回に紹介するのは「ハハモコモひろば」。東京の葛飾区を中心に江戸川区、江東区と広いエリアで親子コミュニティを形成している。いずれも海抜0m地帯ゆえ、防災意識が高いパパ・ママが多い。今回は、代表のナオさん(42歳)にいざというときに周りの人と助け合う“共助”にもつながる、知り合いづくりの取り組みについて聞いた。

3・11で困ったのは乳児用のミルクをつくるための水問題

「3・11といえば、金町浄水場の水道水から1kmあたり210ベクレルという高い放射性ヨウ素が出たんです。それまで、乳児のミルクをつくるのに水道水を使っていたんですが、当時は焦ってミネラルウォーターを探し回りました」

海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】

葛飾区、江戸川区、江東区の全域に給水する金町浄水場(画像提供/pixta)

区が備蓄していた水を配布したり、西日本の親戚が送ってくれたりと、結果的には何とか乗り切った。しかし、災害に備えること、そしていざというときに助け合えるような知り合いを日ごろからご近所でつくっておくことの重要性を知った経験だったという。

その知り合いづくりのきっかけになればと、ナオさんは地域でやっているイベントに参加してみることにした。

「ハハモコモひろば」の前身は2009年に発足した「母の会」である。ナオさんは2010年に出産したタイミングで、保健所が主催する乳児の会に出席。そこで知り合ったママさんに「母の会」の存在を教えてもらい、さまざまなイベントに参加するようになった。
「母の会」は2015年に『ハハモコモひろば』に名称を変更し、2012年からスタッフ加入したナオさんが昨年から代表を務めている。


この記事の画像

「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像1 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像2 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像3 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像4
「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像5 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像6 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像7 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像8
「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像9 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像10 「海抜0m地帯に住む親だから。助け合える地域のつながりづくりを【わがまち防災1】」の画像11

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。