コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」

コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」
拡大する(全7枚)

「春から我が子が新入学」という人は、今、悩んでいるのではないだろうか。コロナ禍でおうち時間が長くなる中、子どもの生活リズムが変わり、勉強が始まり、持ち物が増える……。家庭内で気になるのは、学習環境をどう整えるべきか?ということ。そこで今回、「一生モノの学び体質を作る戦略的メソッド」である「かおりメソッド」を展開する岩田かおりさんにお話を聞いた。

子どもたちも期待と不安でいっぱい。親はゆったりと構えて

コロナ禍での新入学。気をつけるべき例年との違いは?

「保護者や先生といった大人が、新型コロナウイルスに関して過剰に反応することが、子どもの心的負担に影響するように感じます。これらは学校への行き渋りや不登校につながりかねません。ただでさえ、コロナ禍での子どもたちは『初めまして』でマスクをしているという状態。口元が隠れて表情が分かりづらく、意思疎通がしにくいのです。また本来であれば、1年生の担任の先生はハグなどのスキンシップをして、コミュニケーションをとってくれることが多いもの。コロナ禍でそれがなくなったことも、まだ幼い1年生にとってはストレスなのでは。昨年1年生になった受講生のお子さんでも、『学校が怖い』と言って行き渋りをした子がいました」(岩田かおりさん・以下同)

昨春はすでにコロナ禍で、入学式の後、初登校が6月ごろだった小学校も多い。低学年ではうまく言語化できないものの、不安な気持ちが積み重なり、スタートがうまく行かないケースが見られたそう。


この記事の画像

「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像1 「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像2 「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像3 「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像4
「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像5 「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像6 「コロナ禍の新小学1年生、住まいはどう対応する?カギは「親こそ柔軟に」」の画像7

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。