コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題

コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題
拡大する(全20枚)

コロナ禍で地方移住や二拠点生活の熱が高まるなか、首都圏からのアクセスがよく、里山と海、両方を楽しめる地域として人気が高まっている千葉県の南房総エリア。2018年12月に取材した南房総市を再訪し、ヤマナハウスの変化や当時は二拠点生活をしていた川鍋宏一郎さんのその後と、南房総市の二拠点生活者、移住支援に関わってきた市、民間団体に、現状や課題について伺いました。

二拠点生活から南房総市に家を建築、また一歩移住に近づく

2016年ごろから東京に本社のある外資系IT企業に勤めながら、家族で住む横浜市と南房総市で二拠点生活をしてきた川鍋宏一郎さん。以前、取材をした際には、二拠点生活や移住を支援するヤマナハウスに週末通いながら、DIYスキルを学んでいました。その後、ヤマナハウスの近くに借りていた家と土地を購入し、2020年に家を新築。横浜との二拠点生活は継続しているものの、自身の生活の比重は南房総市が大きくなっています。
「コロナによるテレワークで都内に出社するのは月1回程度になり、週末は南房総市で過ごすようになりました。金曜日に横浜市内の綱島から高速を使って車で約1時間20分ほどかけて来ますが、日曜日の夜に家族が帰った後に、1週間ひとりで生活することもあります。南房総市は光回線が整っているので、仕事に不便はありませんし、とても静かで集中できます」

コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題

1500~2000坪の敷地の母屋を壊して家を建てた。「30年先でも暮らせる家」をイメージしてBESSというブランドで建てた家。カタログから開放的なデザインのWONDER DEVICEのFRANKを選んだ(写真撮影/片山貴博)


この記事の画像

「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像1 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像2 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像3 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像4
「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像5 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像6 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像7 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像8
「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像9 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像10 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像11 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像12
「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像13 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像14 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像15 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像16
「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像17 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像18 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像19 「コロナ禍で二拠点生活がブーム? “先駆け”千葉県南房総市の今と課題」の画像20

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。