コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。

コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。
拡大する(全6枚)

「ファンくる」を運営するROIが、3度目の緊急事態宣言中の2021年4月26日~5月6日に、住宅事情についての意識調査を実施した。それによると、コロナの流行をきっかけに、既に引越しをした人が3%、引越しを検討中の人が15%いたという。コロナ禍での住み替え需要は根強いようだ。【今週の住活トピック】
「コロナ禍における住宅事情についての意識調査」を公表/ファンくる(株式会社ROI)

部屋数が少ないほどコロナ禍で引越しを考える!?

「コロナの流行をきっかけに引越しをしたいと思ったか」を聞いたところ、「はい」という回答は18%(引越し済み3%+検討中15%)となり、コロナ流行により住み替えニーズが生じているという結果となった。1人当たりの部屋数を居室やリビングルームをそれぞれ1室としてカウント(ダイニングルームはカウント外)して算出し、部屋数別に集計したところ、部屋数と住み替えニーズに関係性が強いことが分かった。

1人当たりの部屋数が1室の場合は、「はい」という回答は34%(引越し済み3%+検討中31%)まで増加し、部屋数が多くなるに連れて減っている。使える部屋が少ないほど、コロナの流行をきっかけに引越しをしたいと思う人が増える傾向があるということだ。

コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。

※1人あたりの部屋数に別集計したグラフ
コロナの流行をきっかけに引越しをしたいと思ったか?(1人当たりの部屋数別)(出典:ファンくる「コロナ禍における住宅事情についての意識調査」より転載)


この記事の画像

「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像1 「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像2 「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像3 「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像4
「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像5 「コロナで強まる一戸建て志向、2人暮らしの過半数が「一戸建てで暮らしたい」。」の画像6

あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク