万城目学が語る『デス・ストランディング』出演時の裏話と、小島秀夫監督の天才性

TBSラジオ『プレイステーション presents ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』

万城目学が語る『デス・ストランディング』出演時の裏話と、小島秀夫監督の天才性

■年二回は必ず小島監督に会って、その天才ぶりに触れるようにしている

「マイゲーム・マイライフ」のゲストに小説家の万城目学さんがやってきました。万城目さん、言葉を扱う職業なだけあって、端々での言葉選びが大変面白い回でした。
万城目さんはひとつのゲームにハマって掘り下げていくというよりも、雑多に手を出していくスタイル。それについて、独自の呼び方があるようです。

万城目学が語る『デス・ストランディング』出演時の裏話と、小島秀夫監督の天才性

宇多丸「ゲームは一本をずっとやり込まれるというよりは、わりとポンポン買っていく派ですか?」

万城目「ひとつのゲームを何年やる方もいると思うのですが、僕それを“農耕民族型”と(呼んでいて)」

宇多丸「定着してね」

万城目「定着してずっと掘って掘って。それに対して僕は、完全に次から次へと新しい獲物を追って領土を変えていく、“騎馬民族型”で」

宇多丸「ものは言いようですね(笑)」

万城目「やり終えると、またセットしてもう一度プレイするというのは少ないかも」

といいつつも万城目さん、「A列車で行こう」シリーズにはだだはまり。「万城目はA列車で街を作っている奴だ」と周囲に言われ、大阪から遊びに来た友達に対し、京都を案内するのではなく、「俺の街を車窓モードで見ろ」とひたすらA列車で作った街を見せていたのだそう。

ちなみに万城目さんは小島秀夫監督の「デス・ストランディング」にも出演されています。そのときの裏話も語ってくださいました。

万城目学が語る『デス・ストランディング』出演時の裏話と、小島秀夫監督の天才性

万城目「そもそもが、メタルギアが出たあたりから小島さんとときどき会っていて。最初は対談でお話したんですけれども。そのときに、この人ちょっとすごいな、と思いまして。自分の中で一年に二回小島さんに会って、話を聞き、その天才ぶりに触れるというのを自分のタスクにしていて」


あわせて読みたい

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。