がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み
拡大する(全5枚)

TBSラジオ『蓮見孝之 まとめて!土曜日』毎週土曜日内で8時20分頃から放送している「人権TODAY」。

今回のテーマは…がん患者やその家族の相談に無料で対応する施設「マギーズ東京」の新型コロナ禍での取り組み

「マギーズ東京」とは…

2016年10月にオープンした「マギーズ東京」のことは、「人権TODAY」でも今から4年ほど前に取材しています。おさらいになりますが、がん医療が進展し、必ずしも不治の病ではなくなった中でスタートしたこの施設の狙いについて、「マギーズ東京」センター長で共同代表理事の秋山正子(あきやま・まさこ)さんに伺いました。

▼「マギーズ東京」センター長・共同代表理事の秋山正子さん

がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り...の画像はこちら >>

「がんと共に歩む時間が長くなると、外来中心ですので、医療者とゆっくり話をしたり、そういう相談する場所というか、時間も取れない。でも逆に思い悩む時間が長くなっているので、病院と家の中間に在る「第2の我が家」っていうんですけど、ゆっくりとお話を聞きながら、問題の整理をするという場所が、必要な時代になったというところだと思います。」(「マギーズ東京」センター長・共同代表理事秋山正子さん)

「マギーズ東京」が居を構えるのは東京・江東区。卸売市場もほど近い豊洲の地です。施設はウッディな平屋建てで、ガーデニングなどにも凝った、リラックスできる空間になっています。

▼東京・豊洲の「マギーズ東京」施設

がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み

運営資金は寄付や助成金、チャリティイベントなどで担っており、この場を訪れたがん患者やその家族を迎えるのは、看護師を中心に、心理士や栄養士などの専門家。前向きに進んでいく力が持てるようにサポートを行ってきました。


この記事の画像

「がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み」の画像1 「がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み」の画像2 「がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み」の画像3 「がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み」の画像4
「がん患者の相談に対応する「マギーズ東京」新型コロナ禍での取り組み」の画像5