【世界ひとり飯(11)】ブリュッセルで朝ごはん②フル・イングリッシュかアメリカンか?両方か。

世界50カ国以上を一人旅した筆者が、世界で出会い心に残った食べ物をご紹介。今回は国際都市ブリュッセルの朝ごはん、その2をお届けします。「フル・イングリッシュ」か「アメリカン」をどちらも食べたくなる素敵なカフェでした。
【世界ひとり飯(11)】ブリュッセルで朝ごはん②フル・イングリッシュかアメリカンか?両方か。


旅先の朝ごはんのチョイス
さて、海外旅行に出かけると、ホテルで食べる朝食が旅行代に込みになっていることも多いと思います。でも、もしホテルのすぐそばに、朝ごはんがおいしいお店があったらどうしますか?しかも、もし同じホテルに連泊だったら・・・やっぱり食べに出てみたくなりますよね。

今回は、国際都市ブリュッセルでであった朝ごはんをご紹介します。冒頭の画像ですが、左がフル・イングリッシュで右がアメリカンです。「Cafe Chicago」というカフェで、なんと、筆者は両方食べてしまいました!(笑)

ブリュッセルがインターナショナルな理由
【世界ひとり飯(11)】ブリュッセルで朝ごはん②フル・イングリッシュかアメリカンか?両方か。


ベルギーの公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語の3つ。国歌も3言語のバージョンがあるそうです。調べてみると、ベルギーという国名が生まれたのは1830年の独立以降ということで、それまではオランダ(当時はネーデルランド)の一部だったり、ドイツ語圏のオーストリアに支配されていたり、フランスに占領されていたりと、歴史的にも、人の出入りが激しい土地だったようですね。

ブリュッセルの中心にある「グラン・パレス」は、13世紀以降に商人たちが集まった市場。美しい歴史的な建物に囲まれていて、今は

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「台湾」のニュース

次に読みたい関連記事「台湾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロンドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ロンドン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。