「局所性ジストニア」の女性ランナー、後ろ向きランニングで再び走る喜びを。(加州)

「局所性ジストニア」の女性ランナー、後ろ向きランニングで再び走る喜びを。(加州)
局所性ジストニアに苦しむランナー、後ろ向き走行に救われる。画像はmirror.co.ukのスクリーンショット
どのような名医にかかっても、決して完治することのなかった不随意に筋肉がけいれんする「局所性ジストニア」という症状を、ボトックス注射などに頼らず緩和させようと試みている女性が米カリフォルニア州にいた。彼女は陸上のトラックを後ろ向きに走って人々をびっくりさせている。

ロサンゼルス国際空港にも近いカリフォルニア州のマンハッタンビーチで、かなりのスピードで後ろ向きに走る女性ランナーを見かけたら、それはローラ・カティヴェラさん(46)。オリンピック候補ランナーとして活躍していた中、「局所性ジストニア」という筋肉トラブルを抱えるようになり、走ることを諦めざるを得なくなっていた彼女を、絶望の淵から救ってくれた走行方法だそうだ。

ローラさんにその症状が現れたのは20代になったばかりの1989年。手や脚の筋肉を酷使するアスリートやミュージシャンにたまに見られる症状で、筋肉に突然けいれんや筋萎縮が生じ、それが持続するようになって見た目も変わってくる。実際にローラさんは1992年のオリンピック予選大会に出場した際まったく不調に終わり、膝が勝手に外側を向き、シューズの底は外側が減るように。トラックを真っ直ぐに走れなくなった脚に恐怖感すら覚えるようになっていった。

しかし走ることへの情熱を捨てきれなかったローラさんはドクターショッピングを繰り返し、MRI、CTスキャンの撮影回数は数知れないという。すでにボトックス注射による症状緩和にも限界がある、パーキンソン病治療薬も功を奏さなくなったなどと診断されていたが、現在の主治医Nicholas Szumski博士だけは大きな希望を与えくれた。「ジストニアは繰り返し同じ筋肉を酷使することで発症し、普段と異なる筋肉を活用することには重要な意義があります。ジグザクや後ろ向きといった様々なランニングパターンを試してみませんか?」と助言し、これにより彼女は再び走る爽快感を取り戻し現在に至っている。

ローラさんは今、同博士のお墨付きを得て、同じような症状で苦しんでいるランナーのためにマンハッタンビーチで後ろ向き走行によるランニング大会を開催できないものか、各方面に呼びかけている。ちなみに瞼、手指や首でこのジストニアに苦しんでいる人も多く、各種薬物療法や電気刺激療法などが有効でないケースには神経組織を切る外科的治療法がとられることがある。

※ 画像はmirror.co.ukのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2014年5月23日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら