毎日28本も「レッドブル」を飲んでいた26歳、失明の危機に(北アイルランド)

20~30代の女性を襲うことがある「特発性頭蓋内圧亢進症」という疾患をご存じであろうか。医師はそれゆえに失明する寸前であった女性に、「毎日レッドブルを大量に飲み続けていた食生活に原因がありそうです」と告げたという。

英メディア『belfasttelegraph.co.uk』などが伝えたところによると、北アイルランド・アントリム州のニュータウンアビーという町で今年6月、体重が165kgもある26歳のレーナ・ルパリさんが予期せぬ病に倒れ、視力を失っていた。それは妊娠適齢期の若い女性の10万人に1人が発症する「特発性頭蓋内圧亢進症」という聞き慣れない名の病気で、肥満女性においてその確率は5000人に1人にまで跳ね上がる。この病に侵されると頭蓋内圧が著しく上がり頭痛に悩まされるが、耳鳴りや吐き気、複視(ものが2つに見える)を併うこともあり、視野が徐々に狭くなって気づかないうちに完全に失ってしまう場合があるという。

「長い間ひどい頭痛に苦しんでいたけれど、鎮静剤を飲むことでどうにかしのいできたわ」と医師に話したというレーナさん。そんなレーナさんの大好物はエナジードリンクの「レッドブル(Red Bull)」であった。3人の幼い子の子育てに追われて自身の食生活がおろそかになり、「食べてテイクアウトのファストフード。食べなくてもエナジードリンクがあれば」という日々を過ごし、その結果毎日平均28缶、3000kcal以上にもなるレッドブルを飲んでいたのだ。その驚愕の事実に医師は「レッドブルの飲み過ぎがその病気を招いた可能性が高い」と説明したという。厳しい指導によりレッドブルを控えるようになったレーナさんは今、どんどん体重を落として健康な体を目指している。視力を失いかけたという事実に、彼女の脱・レッドブル、脱・肥満の願望は切実だ。

たとえば250ml缶にはコーヒー1杯と同量のカフェインが含まれ、メーカーは「1日5缶以上は飲まないように」と勧告している。その飲み過ぎについてこれまでも欧米の専門家らは、目の中にフケや塵などが現れて水晶体の表面に付着し、視野をせばめてやがては失明につながりかねない「落屑緑内障」、そして心臓発作の原因になることがあると警鐘を鳴らしていた。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。