ジョンベネちゃん殺害事件 兄は「僕はやっていない」「犯人はきっと小児性愛者」

ジョンベネちゃん殺害事件 兄は「僕はやっていない」「犯人はきっと小児性愛者」
「僕ら家族は犯人ではない」(出典:https://www.facebook.com/drphilshow)
1996年12月に、コロラド州ボルダーの自宅地下にて遺体となって発見されたジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃん(享年6)。美少女コンテストの常連で、完璧な顔立ちと幼いながらも洗練された立ち振る舞いが話題だった彼女を殺めた犯人は、警察の執念の捜査をもってしてもなお断定・逮捕には至っていない。そんな中、ジョンベネちゃんの兄がアメリカの人気番組に登場。「僕は決して犯人ではない」と断言し、一体どのような人物が妹を殺したのか、彼なりの見解を明かした。

このほど、故ジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃんの兄バークさん(29)が『Dr. Phil』に出演。アメリカのみならず世界を震撼させた妹の殺害事件を振り返り、「犯人はこの僕でも(同じく多くの人に疑われた)両親でもない」とコメントし、さらにこう語った。

「驚いています…。僕、そして僕の両親は犯人じゃない。それを示す証拠が、あとどれだけ必要だというのでしょうか。」
「そもそも、証拠など見つかるはずがない。なぜなら僕達は犯人ではないのですから。」
「おそらく犯人は、(妹が出ていた)ショーを観ていた小児性愛者でしょう。」

また現在72歳の父ジョンさんは、「同年クリスマスの日に私どもの家に侵入した人間が犯人に違いないと思う」「同日、寝室の一つに身を隠していた可能性がある」との考えを明かした。ちなみに同事件ではジョンベネちゃんの母パトリシアさんも「限りなく怪しい」と疑われ涙したが、彼女は残念ながら事件の解決を待たず、2006年にがんでこの世を去った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2016年9月20日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。