23年前に酸を浴びせた夫と今も暮らす妻と娘「選択肢がなかった」(印)<動画あり>

23年前に酸を浴びせた夫と今も暮らす妻と娘「選択肢がなかった」(印)<動画あり>
酸をかけた男とその被害にあった娘と妻(画像は『Cover Asia Press 2017年7月24日付「Acid attack survivors forced to live with the man who scarred them」(Cover Asia Press/Tanzeel Ur Rehman)』のスクリーンショット)
インド北部ウッタル・プラデーシュ州にあるアーグラ市に23年前、夫から酸を浴びせかけられて心身ともに耐え難い傷を負わされた妻と娘がいる。驚くべきことにこの母子は、今でも加害者とともに暮らしている。一生消えることのない傷を与えた男と人生を共にする覚悟とはいかなるものか。『Cover Asia Press』や『The Sun』が伝えた。

今から23年前、夫との仲がぎくしゃくしていたギータ・マホアーさん(40歳)は3歳の娘ニートゥちゃん、1歳半のクリシナちゃんと実家に身を寄せていた。前々から酒に酔っては「俺を怒らせたら顔を台無しにするぞ」と言っていた夫のインタージート(60歳)はある日、夜中に母子3人が寝ていた部屋に忍び込み、酸を浴びせた。

叫び声を聞きつけたギータさんの母が駆け付けすぐに警察に通報し、インタージートは逮捕された。母と娘2人は病院で3~4か月の入院を強いられ、その後ギータさんの母の家に逃げ込んだ。ニートゥちゃんは両腕と胸、顔、両目に激しい火傷を負った。しかし頭と手に傷を負った次女のクリシナちゃんは退院後に感染症にかかり、1か月もしないうちに息を引き取った。貧しかったギータさんは、遺体を包む布さえ買えず自分のペチコートを破って亡き我が子を包み、ガンジス川に流したという。

ギータさんの父は早くに他界していた。母はギータさんの弟と妹と暮らしていたが、ギータさんやその娘と暮らすようになってからは、弟と母が懸命に働いて貯めたお金が薬と治療代に消え、経済的にますます困窮した。母親に頼ることも限界があり、かといってギータさんは1人で子供を育てて行く経済的な自信もない。結局、刑務所から許しを請う手紙を送ってきた夫への起訴を取り消し、許すことを決意した。夫は事件から3か月後に釈放された。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「23年前に酸を浴びせた夫と今も暮らす妻と娘「選択肢がなかった」(印)<動画あり>」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    問題だろ !  選択肢がなかった、という点は

    6
  • 匿名さん 通報

    当人が納得なら別に構わない。人間は不平等で当然。環境に応じて生きるのが寧ろ当然。無問題。

    1
  • 匿名さん 通報

    未だにア◯ネスとかはアフリカが貧しいから金をとか言ってるがアフリカは今、ビックリするくらい裕福なんだよな、インドを救うべきなんだよ

    1
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。