16歳で宝くじに高額当選した女性 「人生が狂ってしまった。購入年齢を18歳以上に」と訴え(英)

記事まとめ

  • イギリスで、16歳で宝くじに高額当選したカリー・ロジャーズさんが「私の人生は狂ってしまった。宝くじの対象年齢を18歳に引き上げるべき」と訴えた。
  • 派手な生活で当選額の約180万ポンドは飛ぶように消え、10年後に預金口座に残っていたのは2千ポンドだけだった。
  • アメリカの数字選択式宝くじ「メガ・ミリオンズ」は18歳未満は購入ができないが、英国営宝くじは16歳から購入が可能だ。
イギリスではタバコやアルコール類の購入は18歳、運転は17歳なのに、なぜ宝くじは16歳で購入が可能なのか。2003年、16歳3か月というイギリス史上最年少で宝くじに当選した女性が、英メディア『Mirror』『The Sun』などで自分の人生を語り、「若くして大金を手に入れ、私の人生は狂ってしまった。宝くじの対象年齢を18歳に引き上げるべきだ」と訴えた。

今から16年前の2003年6月、英カンブリア州に住んでいたカリー・ロジャーズさん(現32歳)が16歳で約180万ポンド(現在の為替相場で約2億3,000万円)の国営宝くじに当選した。実の母親との喧嘩が絶えなかったカリーさんは当時、スーパーマーケット「Co-op(コープ)」で時給3.6ポンド(約460円)で働きながら里親のもとで暮らしていたが、当選を機に生活が一変した。

最近実の父親をガンで亡くしたというカリーさんは、その当時をこのように振り返っている。

「里親の家での暮らしは、人生で初めて味わった幸せだったの。当選金は大金過ぎて正直、欲しくはなかった。子供だった私が一日で大人の仲間入りをしてしまったのよ。そしてあの日以来、私の人生が上向くことはなかったわ。お金の管理についてのアドバイスも受けたけど、聞く耳を持たなかったの。」

カリーさんは当選した1週間後には現金で3,000ポンド(約38万円)を手にし、里親のもとを離れて仕事を辞めた。家(バンガロー)を買って、複数のボーイフレンドと付き合った後、当選から数週間後に会った無職のニッキー・ローソンさんと暮らすようになった。食事はテイクアウト、友達がやってきては朝までパーティをして昼まで寝るという生活が続き、人生の目標を失った。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「16歳で宝くじに高額当選した女性 「人生が狂ってしまった。購入年齢を18歳以上に」と訴え(英)」の みんなの反応 17
  • 匿名さん 通報

    変なヤツ,自分の人生が狂ったからって皆が狂う訳じゃない。10歳未満でも立派にできる者はいる。

    20
  • 匿名さん 通報

    絵に描いたような人生の狂いっぷりだな。だがこういう人は大きな失敗をし、多くのものを失いそんでそれを乗り越える経験をしないと本当の意味での幸せを掴めないんだろうねぇ。

    5
  • 慌てる乞食は貰いが少ない 通報

    記事をロクに読んでないなw 。結局 ハッピーエンドになってるだろ? 読もうともしない連中に言っても無駄か w

    5
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク