このほどインドから頭にユニコーンのような角を持った男性が、無事手術で除去したという話題が届いた。5年前から生え始めた角に、男性はこれまで病院ではなく近所の理髪店で処置していたという。『The Sun』『India Today』『Fox News』などが伝えている。

印マディヤ・プラデーシュ州サガールのレーリ村に住むシャム・ラル・ヤーダヴさん(Shyam Lal Yadav、74)は2014年頃に頭をぶつけ、そこから角のようなものが生え始めた。

当初、シャムさんは頭にある角のようなものが奇妙に感じたが、そのうち慣れてきてあまり気にならなくなったという。近所の理髪店で角を時々カットしてもらっていたそうだ。しかし5年も経つと、それは10センチほどに成長し、理容師の手には負えなくなったことから医師に相談した。

シャムさんはサガール市内にある「バギョーデイ・ティルス病院(Bhagyoday Tirth Hospital)」で診察を受け、除去手術に臨むこととなった。シャムさんの角のようなものは“皮角”と言い、別名「悪魔の角」とも呼ばれている。ほとんどの場合、角のような部分は手足の爪や髪の毛を構成するケラチン(タンパク質)からできているという。

そんなシャムさんの「悪魔の角」の除去手術は無事終わり、執刀した外科医のヴィシャル・ガジュビエー氏(Dr Vishal Gajbhiye)は次のように語っている。

「皮角はケラチンなどでできているため殺菌された医療用のカミソリで取り除くことが可能ですが、その部分に再度生えてこないように治療する必要がありました。」