2歳の時の火事により身体の約80%に火傷を負い、医師から「助かる見込みはない」と言われたザイード・ガルシアさん(Zaid Garcia)。彼がYouTubeチャンネル『Special Books by Special Kids』や『The Sun』などのインタビューに応じ、「自分こそ奇跡。外見じゃない、僕の中身を見て欲しい」と力強いメッセージを発信した。

米テキサス州ガルベストン在住のザイード・ガルシアさん(16)は2歳の時、ロウソクの火が寝ていたベビーベッドのブランケットに燃え移り、身体の80%に火傷を負った。当時メキシコに住んでいたザイードさんは、同州サン・アントニオの火傷専門病棟に搬送されて治療を受けたが、医師からは「回復の望みはない。死を覚悟したほうがいい。万が一助かったとしても話すことも歩くこともできないだろう」と告げられた。

しかしザイードさんは、これまでに皮膚移植、両手首から先と右足指4本の切断など数十回に及ぶ手術を受け、奇跡的な回復を遂げた。

そして火事から14年。16歳になったザイードさんはメディアのインタビューに応じ、自分のこれまでの人生や夢などについて次のように語った。

「火事の後、アメリカに移住して学校に通い始めましたが、いい思い出はありません。僕の右足の指は1本しかないので、足を地面に平らにつけることができず、普通の人と歩き方が違います。また火傷で傷ついた両目は医師が皮膚で覆ってしまい、2歳で視力を失いました。そんな僕を見てみんなが怖がり、学校では自分の居場所がありませんでした。僕はただ、みんなに受け入れてもらいたかったのに友達もできず、辛くて一度は自殺を試みました。」