20年前に離婚したデミ・ムーアとブルース・ウィリス。その次女であるスカウト・ウィリスがこのほどポッドキャスト番組に出演し、別れた両親が一つ屋根の下でともに自主隔離を続ける理由を明かした。

1987年に結婚し長女ルーマー(31)、次女スカウト(28)、三女タルーラ(26)をもうけるも、2000年に離婚したデミ・ムーアとブルース・ウィリスそんな元夫妻がアイダホ州サンバレーで1か月近く一緒に自主隔離生活を送っていることが伝えられたのは、今月はじめのことだった。

「まさに円満離婚の鑑!」「こんなに仲良しで羨ましい」と称賛が集まる一方で、「こんな時、よりによってなぜ元妻と自己隔離?」「現妻だって、本当のところはどう思っているんだか…」と疑問を投げかける声も見られ、様々なメディアで大きく報じられた。

そんななか次女スカウト・ウィリスがポッドキャスト番組『Dopey』に出演し、離婚した両親がともに一つ屋根の下で隔離することになった経緯を明かした。スカウトによれば当初、ブルースは再婚相手の妻エマさんと2人の娘メイベルちゃん(8)エヴェリンちゃん(5)を連れ、一家4人でデミのアイダホ州の自宅に世話になる予定でいたという。

しかしエヴェリンちゃんがある日、公園で注射器を発見して興味本位でそれを靴に刺したところ、誤って足にまで突き刺してしまうというアクシデントに見舞われてしまったそうだ。そのため母親のエマさんはロサンゼルス市内の病院にエヴェリンちゃんを連れて行かなければならず、また検査結果が出るのが数日後だったため、エマさんと娘達はアイダホ行きを断念、ロサンゼルスに残ることに決めたという。一方のブルースはロサンゼルスの自宅にそんな家族を残したままアイダホ行きを決行し、先月から同地でデミ達と自主隔離を続けている。