和田アキ子、バッハ会長の演説を「当たり前のことなのに長い」 海外では「Solidarity(連帯)」と言った回数が話題に

7月23日午後8時から国立競技場で行われた東京五輪開会式で歌舞伎パフォーマンスを披露した市川海老蔵は、ブログで「バッハさん話長すぎ…笑笑」と綴った。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長によるスピーチがなかなか終わらなかったからである。Twitter上ではあいさつの長さとともに内容に対する指摘も見受けられるが、和田アキ子冠番組でバッハ会長のスピーチを「当たり前のことなのに長い」と評していた。

25日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で東京五輪開会式を話題に取り上げるなか「バッハ会長のスピーチはおよそ13分間に及んだ」と紹介した。当初は大会組織委員会・橋本聖子会長と合わせて9分間の予定だったというから大幅にオーバーしていたのだ。選手たちの入場シーンは工夫を凝らした衣装などを見て楽しめたという和田アキ子も、バッハ会長の演説は退屈だったようで「長かったからチャンネル変えた」と明かしている。

和田が「どういうことを言うのかと思ったら、当たり前のことなのにちょっと長いな」と感じたバッハ会長のスピーチに関しては、Twitter上でも「bach too long」というツイートが飛びかっており、日本では「バッハの話長い。校長先生のお話かて」というような“校長先生の朝礼の長話”にたとえる声が目立った。「バッハ会長のお言葉 Solidarityが頭から離れない。連帯」という声も多く、海外ではバッハ会長のスピーチを「なんて退屈で恐ろしいスピーチだ、テンションを下げるために考えたのか?」と揶揄して「彼が『Solidarity(連帯)』と何回言えるかという賭けがあったのかもしれない」と皮肉る声まで見受けられた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

和田アキ子のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「和田アキ子」に関する記事

「和田アキ子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「和田アキ子」の記事

次に読みたい「和田アキ子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク