レディー・ガガ(36)が第64回グラミー賞授賞式のステージに、マリリン・モンロー風のドレスを着て登場した。ガガは授賞式で5部門にノミネートされた、大御所歌手トニー・ベネット(95)との共演アルバムからの楽曲を披露。トニーは昨年ステージから引退したため、自宅からビデオで挨拶をした。

現地時間3日に米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催した「第64回グラミー賞授賞式」のステージで、レディー・ガガがパフォーマンスを行った。

ガガは、シルキーな淡いブルーのストラップレスドレスでステージに登場。腰の後ろに大きなリボンがついたデザインは、マリリン・モンローがミュージカル映画『紳士は金髪がお好き』(1953年)で楽曲『Diamonds are girls best friend』を歌った時に着たドレスを彷彿させるものだ。

このシーンでマリリンは、後ろに大きなリボンがついたピンクのストラップレスドレスを纏い、男性ダンサーに囲まれて歌を披露していた。

ガガはブロンドヘアをヴィンテージ風スタイルにまとめ、ダイヤモンドをあしらったイヤリングをつけていた。

ステージに立ったガガは、昨年リリースした歌手トニー・ベネットとのコラボレーション・アルバム『ラブ・フォー・セール』から2曲を披露した。

トニーは昨年8月、アルツハイマー病を患っていることから、ステージから引退することを息子のダニーさんが発表した。引退表明の1週間前には、トニーとガガが一緒に公演をしたばかりだったが、医師の判断により残りのツアーをすべてキャンセルした。