関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量
拡大する(全5枚)

関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量の画像はこちら >>

6月6日から梅雨に入った関東甲信は、きのう(23日)までの降水量が少なく、平年のおよそ半分のところも。今年の関東甲信は梅雨明けが早く、さらに雨も少ない『空梅雨』となりそうです。

平年より少ない降水量 東京都心は平年のおよそ半分

関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量

関東甲信は6月6日から梅雨入りして、本格的な雨の季節を迎えました。ところが、梅雨入りした6月6日から、きのう(23日)までの降水量を調べると、平年よりも少ないことがわかりました。

上の図は、2022年6月6日~23日までの総降水量と平年値との割合を示したグラフで、『100%=平年並みの降水量』となります。

東京都心では、平年値110.4ミリに対して、今年は59.0ミリしか降っておらず、平年の53%とおよそ半分の量になっています。
また、千葉県銚子市は平年の55%、栃木県宇都宮市では平年の60%しか降っていません。

群馬県前橋市(平年比102%)と、長野県長野市(平年比112%)では平年を少し上回るくらいで、今年の関東甲信は空梅雨になっていることがわかります。

【関東甲信 梅雨入り後(2022年6月6日~23日)の総降水量】
※( )内は6月6日~23日の平年値
茨城県水戸市 67.5ミリ (86.1ミリ)
栃木県宇都宮市 67.0ミリ (112.1ミリ)
群馬県前橋市 95.5ミリ (93.9ミリ)
埼玉県熊谷市 82.0ミリ (100.0ミリ)
千葉県銚子市 62.0ミリ (112.1ミリ)
千葉県千葉市 73.0ミリ (99.3ミリ)
東京都心 59.0ミリ (110.4ミリ)
神奈川県横浜市 87.5ミリ (125.2ミリ)
山梨県甲府市 54.0ミリ (71.6ミリ)
長野県長野市 68.0ミリ (60.7ミリ)


この記事の画像

「関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量」の画像1 「関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量」の画像2 「関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量」の画像3 「関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量」の画像4
「関東甲信は空梅雨に 東京都心は平年のおよそ半分の降水量」の画像5