ジョコビッチが大逆転勝利! 2セットダウンから20歳シナーを下して11度目の準決勝進出「内なる自分との戦いで、いつも試合をひっくり返すことができると信じている」[ウィンブルドン]
拡大する(全1枚)
第3セットから、一気に流れを変えたジョコビッチが大逆転勝利

現地7月5日、ウィンブルドン男子シングルス準々決勝、大会3連覇中の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク3位)は、第10シードのヤニック・シナー(イタリア/同13位)と対戦。ジョコビッチは2セットダウンから、5-7、2-6、6-3、6-2、6-2で大逆転勝利。11回目の準決勝進出を決め、「鏡に映る自分に対して咤激励し、自分の考えを組み立て直して最高のプレーで戦うことが必要」だったと語った。

【動画】大激戦の末の勝利!ジョコビッチvs.シナー準々決勝マッチハイライトをチェック

今大会4回戦、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のティム・ファン・ライトーフェン(オランダ/同104位)をセットカウント3-1で下し、準々決勝進出を決めたジョコビッチ。対する20歳のシナーは、4回戦で第5シードの19歳、カルロス・アルカラス(スペイン/同7位)を下して、初のベスト8進出を果たしている。

立ち上がり、シナーは緊張からかアンフォーストエラーが続き、第2ゲームでいきなりブレークを許す。しかし、第4ゲームでキープに成功すると硬さも取れて良いプレーが出るようになる。すると、第7ゲームで今度はジョコビッチにミスが続いてブレークバックに成功。その後も、リスクを冒して先に角度を付けていき、ブレークして7-5でセットを先取する。今大会初めて第1セットを落としたジョコビッチは、第2セットに入っても調子が上がらず。シナーが6-2でセットを連取した。