豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き
拡大する(全8枚)

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設...の画像はこちら >>

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き

↑↑↑画像 上から、長崎線・大村線などを行く絶品グルメ列車「或る列車」、新しい九州一周の旅を体感できる「36 ぷらす 3」、山陽・山陰の山を走る豪華ホテル「瑞風」。

このJR九州・JR西日本の傑作的豪華列車内に共通する特許技術がある。関西ペイントが独自開発した漆喰塗料技術だ。

漆喰(しっくい)は、サンゴ礁から生まれた石灰岩を粉砕し、焼成・加水してできる消石灰(水酸化カルシウム)を原料とする建築材料で、豪華列車「或る列車」「36 ぷらす 3」「瑞風」の天井などには、関西ペイントの漆喰塗料がコーティングされている。

いま、この関西ペイント漆喰塗料は、こうした豪華列車から、普通列車や路線バス、オフィス、自宅、マスクケースといった身近なところに広がりつつある。その理由は……。

抗菌・抗ウイルス・消臭・調湿などに優れた機能

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き

豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き

関西ペイントは2007年、消石灰塗料化技術を活用し、漆喰塗料という新たなカテゴリーを創出。2016年には、不織布や紙などに塗布可能な高柔軟性漆喰塗料も開発した。

また、2016年には長崎大学 熱帯医学研究所の安田二朗教授と、関西ペイントが特許を持つ漆喰塗料の抗ウイルス性試験を共同で実施し、4種の異なるウイルスに対して接触後15分で99.9%以上の不活化効果を確認した。

グラフ画像は、長崎大学熱帯医学研究所で行われた試験データで、代表的なノンエンベロープウイルス(1種類)、エンベロープウイルス(3種類)のすべてに対して効果があることを実証した。さらに2020年には新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」に対しても5分間で99.97%の不活化効果があることも確認した。


この記事の画像

「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像1 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像2 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像3 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像4
「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像5 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像6 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像7 「豪華列車内に秘める関西ペイントの漆喰塗料 特許技術_医療施設や学校、路線バスや自宅から個人マスクケースへと広がる動き」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「海」に関する記事

「海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「海」の記事

次に読みたい「海」の記事をもっと見る

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク