かつて“C・ロナウド2世”と呼ばれた若き逸材 23歳で4カ国目の移籍へ

かつて“C・ロナウド2世”と呼ばれた若き逸材 23歳で4カ国目の移籍へ
拡大する(全1枚)

かつて“C・ロナウド2世”と呼ばれた若き逸材 23歳で4カ国...の画像はこちら >>

モナコへの移籍が間近に迫るアンドレ・シウバ photo/Getty Images

アンドレ・シウバの新天地はフランスか

ACミランに所属するポルトガル代表FWアンドレ・シウバが、まもなくモナコへ移籍することとなりそうだ。

A・シウバは2017年夏にポルトからミランへ移籍した。“クリスティアーノ・ロナウド2世”や同選手の“後継者”と呼ばれていたこともあり、大きな期待を背負ってミラノの名門へ加入したが、新天地のイタリアでは大苦戦。ポルト時代の2016-17シーズンはプリメイラ・リーガ32試合に出場して16ゴール6アシストを記録していたが、セリエA初年度となる2017-18シーズンは24試合で2ゴールしか記録することができなかった。

そして、昨季はセビージャへのレンタル移籍を決断。リーガ・エスパニョーラのデビュー戦でハットトリックを達成するなど、開幕7試合で7ゴールと華々しいスタートを切ったが、徐々に調子を落していった。さらに終盤には怪我にも悩まされ、最終的にリーグ戦27試合で9ゴール2アシストという結果となり、スペインでも思うような結果を残すことができず。契約内容には買取オプションが組み込まれていたが、セビージャが行使することはなく、本来の所属先であるミランへ復帰を果たしていた。

移籍の噂が絶えず、今夏の去就に注目が集まっているA・シウバ。新シーズンの所属先が不透明なままオフシーズンが終わり、ひとまずミランの一員としてプレシーズンのアメリカツアーに参加していた。しかし、伊『calciomercato』など複数の伊メディアによると、同選手はチームメイトに別れを告げ、以前から興味を示していたモナコへの移籍へ向けて、20日にミランのトレーニングキャンプから離脱したという。なお、移籍金は3000万ユーロ(約36億円)とのことだ。

この移籍が実現すれば、ポルトガル、イタリア、スペインに続きフランスと、4カ国目となる。近年、欧州各国のリーグを転々とするA・シウバだが、今度こそ身を固めることができるのか。まだ23歳と若く、ここからの巻き返しに期待したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

編集部おすすめ

当時の記事を読む

クリスティアーノ・ロナウドのプロフィールを見る
theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事

「クリスティアーノ・ロナウド」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事

次に読みたい「クリスティアーノ・ロナウド」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク