[MIXゾーン]湘南、御神酒で神頼みも…… 完成度と裏腹の連敗に「申し訳ないと思います」

[MIXゾーン]湘南、御神酒で神頼みも…… 完成度と裏腹の連敗に「申し訳ないと思います」

湘南サポーターの思いに次こそ応えられるか photo/Getty images

躍動するも結果出ず

 試合後、選手のコメントを取るためにピッチサイドの通路を歩いていると、目に飛び込んできたものが衝撃的だった。なんと御札と御神酒(おみき)がピッチに正対する形で置かれ、そこには「湘南ベルマーレご一統殿」と書かれていた。ここに至って、クラブとしてもやれることは全部やる。神頼みもそのひとつなのだろうか。

 ただ実際の試合は神様に頼る必要のないほど、湘南のプレイは躍動していた。

 C大阪のロティーナ監督は「立ち上がり、とても苦しみました。ボールを持って相手陣地に入り、ダメージを与える部分で苦しみました。流れるようなボール回しはできなくて、それによって、相手が空けるスペースを有効活用することができませんでした」。

 湘南の前線からのプレッシングに、C大阪は1年かけて作り上げてきたポゼッションを次々に分断された。湘南はFW指宿を頂点に、2シャドーの山田と松田が最終ラインに圧力をかけ続けた。前節から選手数人を入れ替えた湘南だったが、そのスタイルは誰が出ても継続されていた。

 浮嶋監督は「(メンバーを替えた理由は)選手ひとりひとりが自分の特長をチームのために発揮するところで、調子が良い選手をシンプルに起用したということです。狙いがどうということではなくて、しっかり自分の特長を出して、調子が良い選手を使ったということです」と話した。

 シーズン途中に指揮官の交代を迫られるという激変があったものの、湘南は湘南のプレイをするを徹底できていた。特に前半は圧倒的に湘南のものだった。

 しかし「攻める回数、ゴール前に入っていく回数、そういう部分は良い部分も出たと思います。ただ、決めるところまでが我々のサッカーとしては完結しないといけないところなので、そこが今日の一番の課題だったと思います」。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。