これが巻誠一郎だ 引退試合で子供たちを無料招待するために新たな挑戦

これが巻誠一郎だ 引退試合で子供たちを無料招待するために新たな挑戦

昨季をもって現役を引退していた巻誠一郎氏 photo/Getty Images

クラウドファンディングで資金調達

ロアッソ熊本は18日、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW巻誠一郎氏の引退試合が開催されると発表した。開催日は2020年1月13日(月・祝)で、開催場所は同クラブの本拠地であるえがお健康スタジアムとなっている。

引退試合の開催に際して、巻氏はクラブの公式サイトを通じて「サッカーを通じて関わった方々は今の私にとって最高の財産となっています。サッカー選手として、これまで勝つこと、ファンに楽しんでもらうことだけを考えて来た自分でした。ただ、熊本震災の時から、サッカーはサッカーだけで終わるものではないと、その時、サッカーのもつ本当の価値に気付かされたように思います。最後に本物を熊本の子供たちに見てほしい! その背中を熊本の子供たちにもう一度見せたい!! だから僕の引退試合は熊本でやりたい!!」と語っている。

また、2016年に起こった熊本地震で被災した子供たちを「無料で招待したい」という思いから、巻氏はクラウドファンディングにも挑戦している。目標金額を200万円に設定して支援を募ると、わずか1日で目標を達成。20日の時点で300万円を超えているが、巻氏は1人でも多くの子供を試合へ招待するために、自身のTwitterへ「皆さまのお陰で初日で達成しました。しかし、震災当時実触れ合った子どもたちはもっとたくさんいます。1人でも多くの子供たちを招待し、運営していく費用を考えると200万円という金額も決して十分なものではありません。どうか引継きご支援のほどよろしくお願い致します」と綴っている。

熊本県の復興のために、これまで尽力してきた巻氏。今年9月には、古巣ジェフユナイテッド千葉が本拠地を置く“第二の故郷”千葉県を襲った台風で、甚大な被害にあった人たちのもとへ駆けつけ、地元の子供たちのために急遽サッカースクールを開催したりもした。苦しい中でも頑張る人たちに勇気や元気、笑顔などを届ける、これが巻誠一郎という男だ。来年開催される引退試合でも、多くの子供たちに勇気や元気だけでなく、夢や希望も与えてもらいたいものだ。

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ロアッソ熊本 + 降格」のおすすめ記事

「ロアッソ熊本 + 降格」のおすすめ記事をもっと見る

「ロアッソ熊本 + ジュニアユース」のおすすめ記事

「ロアッソ熊本 + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュース

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ロアッソ熊本 ジュニアユース
  2. ロアッソ熊本 降格

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。