[名良橋晃]帝京大可児に魅了され、山梨学院の堅守に感嘆した高校サッカー

[名良橋晃]帝京大可児に魅了され、山梨学院の堅守に感嘆した高校サッカー
       

名良橋晃のサッカー定点観測079 魅力的だった帝京大可児 スタイルを貫いていた

[名良橋晃]帝京大可児に魅了され、山梨学院の堅守に感嘆し...の画像はこちら >>

 年末年始に高校サッカーを取材したのですが、大きな違和感がありました。コロナ禍で関係者の来場しか許されず、少年サッカーチームの団体や親子連れの姿がなく、いつもの雰囲気とは違いました。選手権は応援する側にとっても特別な大会です。多くの方が複雑な気持ちで大会を見守ったことと思います。

 そうしたなか、私は駒沢競技場に通って数試合をチェックしましたが、帝京大可児が印象に残りました。自陣からしっかりとボールをつなぐスタイルを全国大会でも貫き、強いインパクトを残しました。3回戦では青森山田と対戦し、序盤に先制点を奪っています。青森山田が先制点を奪われたのは、今シーズンはじめてだったそうです。結果的に逆転負けを喫しましたが、各選手が連動してボールを運ぶことで青森山田を間違いなく追い込んでいました。

 個々の選手が持ち味を発揮するなか、ダブルボランチの鈴木淳之介、小宅空大が効いていました。鈴木淳之介は2年生ですが、前方への推進力があり、卒業後に湘南ベルマーレへ加入することがすでに決まっている逸材です。キャプテンの小宅空大はチームの心臓であり、クレバーで気が利くタイプで、うまくバランスを取っていました。両名ともボールを奪う力があり、正確なパスも出せます。

 さらに、前線には4得点したストライカーの大森涼がいて、自然体で飄々とプレイしていました。彼らだけでなく、帝京大可児は各選手が臆することなく戦っていました。チーム全体で立ち位置をキープし、平然と淡々と戦ってみせました。中高一貫で指導しており、新入生がチームにフィットしやすい環境なので、来年もまた同じようにパスサッカーをみせてくれるでしょう。とはいえ、県予選を勝ち抜くのが難しいのが高校サッカーなので、どうなるかは誰にもわかりません。

 実際に観戦したなかでは、堀越の古澤希竜も印象に残りました。右サイドのワイドなポジションでプレイする選手で、スピードがあり、積極的なアップダウンが目立ちました。堀越は攻撃時3バック、守備時4バックの可変システムでしたが、古澤希竜は攻撃のときに右サイドで幅を取り、単独で仕掛けて突破していました。まだ2年生ですが、お客さんを沸かせられる実力の持ち主で、今後の成長が期待される選手です。


当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。