三笘や伊東純也に負けられない 《ロシア経験組》原口元気に求められるはゴールのみ

三笘や伊東純也に負けられない 《ロシア経験組》原口元気に求められるはゴールのみ
拡大する(全1枚)

三笘や伊東純也に負けられない 《ロシア経験組》原口元気に求め...の画像はこちら >>

ウニオン・ベルリンで主力の原口 photo/Getty Images

森保ジャパンでもスタメンに入れる

南野拓実堂安律中島翔哉久保建英など、森保ジャパン発足以降は若いアタッカーが話題の中心になってきた。

しかし、2018年のワールドカップ・ロシア大会を経験してきたアタッカーも忘れてはならない。

今もブンデスリーガで働き続ける30歳のMF原口元気だ。

原口もロシア大会でフル稼働した選手だが、今の代表は2列目の争いが激しい。右ウイングの位置では伊東純也が好調を維持しており、左にも南野や新戦力の三笘薫、ポルティモネンセから復活を狙う中島翔哉らがいる。原口もスタメンを確保できていない状況だ。

だが、原口はウニオン・ベルリンの主力としてブンデスリーガ1部で戦い続けている。海外組の中でも、欧州5大リーグで継続的に出番を得ている貴重な選手なのだ。

欠けているのはゴールのみだ。ウニオン・ベルリンでは今季ヨーロッパ・カンファレンスリーグなどを含め全コンペティション合わせ19試合プレイしているが、まだ1度もネットを揺らせていない。

独『Kicker』にてクラブのオリバー・ルーナートCEOは「原口は今季の勝者の1人」と評価してくれているが、本人が望んでいるのはゴールだ。ここまでリーグ戦でアシストは4つ記録しており、チャンスには絡めている。ネットを揺らすまであと一歩なのだ。

若い頃はウイングでプレイしていたが、今は中央でのプレイにも慣れてきた。昨季はブンデスリーガ2部にて9得点を記録しており、得点感覚も磨かれているはず。

1部で得点ペースを上げられれば、森保一監督の目にも留まるだろう。そうなればポジション奪取も見えてくる。来年のワールドカップで後輩たちに出番を譲るつもりはないはずだが、数少ないロシア大会を知る戦士として猛アピールできるか。スプリント力などはドイツでも認められており、欠けているのはゴールのみだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

原口元気のプロフィールを見る
theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原口元気」に関する記事

「原口元気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原口元気」の記事

次に読みたい「原口元気」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク