男性の育児休暇義務化の波! でも本当に必要なの? 妻たちの本音とは

男性の育児休暇義務化の波! でも本当に必要なの? 妻たちの本音とは

三菱UFJ銀行では、2019年5月から男性社員の育児休暇取得を実質的に義務化することになりました。他にも育休を義務化する企業が出てきており、今後は「男性も育児を」という風潮と共にさらに増えていくことが予想されます。



産後間もない時期は、出産での身体のダメージが残る中、昼夜問わずの授乳や赤ちゃんのお世話で母親は想像以上に疲れ、ストレスが溜まるもの。そんな時に父親の助けがあれば産後うつや育児ノイローゼを防ぐこともできるでしょう。



しかし、必ずしもすべての母親が男性の育休を望んでいないというのも事実。今回は男性の育児休暇取得に対する妻たちの本音を紹介します。



■男性の育休取得の現状は?



厚生労働省の「平成30年度雇用均等基本調査」によると、平成28年10月1日から平成29年9月30日までの育児休業の取得率は以下の通りでした。



【育児休業取得者の割合】
女性:82.2%(対前年度比 1.0ポイント低下)
男性:6.16%(対前年度比 1.02ポイント上昇)



男性の育休取得率は、10年前の平成20年度が1.23%だったことを考えると約5倍に上昇していますが、女性に比べると依然として圧倒的に少ないことが分かります。



また、男性の育休期間は「5日未満」が36.3%で最も多く、その次に「5日以上~2週間未満」が35.1%と、育休を取得したとしてもその期間は短く、「名ばかり育休」ともいえる状態。赤ちゃんのお世話をする機会はほとんどなく、有給休暇と同じように終わってしまうことも想像できます。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年9月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら