コロナ禍で急増「ペットを飼いたい人」が知っておくべき「お金」と「責任」のお話。

コロナ禍で急増「ペットを飼いたい人」が知っておくべき「お金」と「責任」のお話。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で自宅で過ごす時間が増えました。このライフスタイルの変化を機に、「動物を飼いたいな」と思い始めた人も多いのではないでしょうか。ペットは私たちを深く癒やしてくれます。SNSやテレビ番組でも動物関係のコンテンツは大人気です。



一方、ペットを飼うにはお金がかかります。毎日のフードやトイレ用品代はもちろんのこと、病気やケガをすれば医療費も発生します。ペットをお迎えする前に、どのくらいのお金がかかるのかの心づもりが大切になりますよね。



■犬・猫にかかるお金ってどれくらい?



一般社団法人ペットフード協会が実施した「令和元年(2019年)全国犬猫飼育実態調査( https://petfood.or.jp/data/chart2019/index.html )」によると、ペットを飼うことで発生する生涯必要経費は、犬で200万4139円、猫で134万4751円でした(2019年)。



下記のグラフは2017年~2019年における犬猫の平均寿命と生涯必要経費を表したものです。生涯必要経費は、ペットの年齢ごとに必要となる平均支出金額を平均寿命まで足しあげて算出した数字です。



ペットにかかる経費は年ごとに増えています。一般社団法人ペットフード協会によると、全国で飼われている犬の頭数は2019年時点で約879万7000頭、猫は約977万8000頭でした。2018年よりも犬の飼育数は減少していますが、猫は増加傾向です。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。