幼保無償化・テレワーク増加…「子育ての環境はどう変わった?」

幼保無償化・テレワーク増加…「子育ての環境はどう変わった?」

2019年10月から「幼児教育・保育の無償化( https://www.youhomushouka.go.jp/ )」が始まり、3~5歳児クラスの幼稚園や保育所等の利用料が無償となりました。また、0~2歳児クラスにおいても、住民税非課税世帯を対象に無償化がスタートしています。



そして、2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で在宅勤務を行う人が増加しました。子育てする環境に大きな変化があったと感じた世帯も多いのではないでしょうか。今回は調査データをもとに、最近の育児事情をのぞいてみましょう。



■「出産・育児環境の不安」は大きな変化なし



2020年5月、「公益財団法人1more Baby応援団」は既婚者2,954名と自身・配偶者が 不妊を検討・経験したことがある方844名を対象とした「夫婦の出産意識調査 2020( https://www.1morebaby.jp/release/2020/0528.pdf )」を公開しました。この調査結果、日本の子育て環境に関する回答は以下の通りとなっています。



日本は子どもを「産みやすい」国に近づいていると思う

  • 近づいている…29.6%
  • 近づいていない…70.4%

日本は子どもを「育てやすい」国に近づいていると思う

  • 近づいている…30.5%
  • 近づいていない…69.5%

どちらも、約7割の人が「産みやすい」または「育てやすい」国に近づいてはいないと答えています。その主な理由として、「社会制度が整っていない」(75.7%)、「給与が低い。または、給与が上がる見込みがない」(59.5%)、「保育・学校にかかるお金が高い」(58.1%)などが挙げられています。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。