「介護離職」を避けるために、はたらく世代が知っておきたい4つの制度

「介護離職」を避けるために、はたらく世代が知っておきたい4つの制度

みなさんは、家族に介護が必要となったとき、今の仕事と両立することはできますか?



多くの人は、NOと答えるのではないでしょうか。



「働き続けるにしても、今のままの勤務体制では厳しい」このように感じる人も多いはずです。



介護をするために仕事を辞めることを「介護離職」といいます。これを防ぐためにも、事前の対策や、使える制度を知っておくことはとてもたいせつです。



そこで今回は、介護離職の現状や、介護を理由として離職を決めてしまう前にぜひ知っておいていただきたい制度をご紹介します。そして、はたらき続けるために、一人一人ができることについても考えていきましょう。



■「介護で仕事を辞める人」年間9万人以上



総務省の「就業構造基本調査( https://www.stat.go.jp/data/shugyou/2017/pdf/kgaiyou.pdf )」(2017年)によると、過去1年間で「介護・看護のため」に前職を離職した人は約9万9000人にも及ぶことがわかりました。



内訳をみると、男性が約2万4000人であるのに対して、女性が約7万5000人と、男女で3倍の差ついていることも判明しました。



「介護離職ゼロ」を目指す、国の制度

2015年(平成27年)、安倍前首相が、アベノミクスの第2ステージへの移行を宣言した際、「介護離職ゼロ」を目標の1つとして掲げました。(※1( https://www5.cao.go.jp/keizai1/abenomics/abenomics.html ))(※2( https://www.mhlw.go.jp/topics/2016/01/dl/tp0115-1-02-02p.pdf ))


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。