ロボットがコロナ禍の飲食店を救う?~国内で配膳ロボットの実証・導入が加速

ロボットがコロナ禍の飲食店を救う?~国内で配膳ロボットの実証・導入が加速
拡大する(全1枚)

■本記事の3つのポイント



  • 飲食業界で配膳ロボットなどの導入が加速。新型コロナによる非接触ニーズの拡大に伴い、注目度が増している
  • ソフトバンクロボティクスは米ベンチャー企業と共同開発した配膳ロボットを発表。大手外食チェーンが大量導入を決めるなど、具体的な動きに発展している
  • 米国では配達ロボットの導入が加速。ロボットをはじめとした先端技術が飲食店運営の重要なツールに

 新型コロナウイルスの「第3波」が到来し、全国各地で警戒レベルが引き上げられている。新型コロナの拡大は様々な業種・業界に多大な影響を及ぼしているが、特に影響を受けているのが外食・飲食業で、東京商工リサーチが1万社以上を調査した結果、87.8%の企業(8840社)が忘年会や新年会を「開催しない予定」と回答するなど、年末年始の稼ぎ時に第3波の影響が直撃する可能性が高まっている。



 もちろん飲食関連の企業はそういった状況を少しでも打開するため、様々な感染防止対策を進めている。そのなかで特に増えているのが非接触化に関する取り組みだ。その1つとして大手回転寿司チェーンのくら寿司は、非接触型店舗の「東村山店」を11月17日にオープン。タッチレスで操作できる自動受付案内機やセルフレジのほか、店員を介さずに席まで案内する「セルフ案内」、食べたお皿の枚数を自動でチェックする「セルフチェック」などによって、入店から退店まで非対面でのサービス提供を実現している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク