焼肉店がコロナ禍で健闘するも客単価低下、その理由

焼肉店がコロナ禍で健闘するも客単価低下、その理由
拡大する(全1枚)

■過去最高を記録した2020年の飲食業倒産件数



一連のコロナ禍の影響で飲食店がかつてない苦境に陥っているのはご存知の通りです。東京商工リサーチによれば、2020年(1-12月)の飲食業の倒産件数は842件(前年比+5.3%増)となり、年間最多だった2011年の800件を上回って過去最多を記録しました。



“この状況下で、1年間で842件は少な過ぎるのでは?”と疑問に感じた人も多いと思いますが、この対象となる飲食業は「飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、法的整理かつ負債1,000万円以上」となっています。



したがって、街中の蕎麦屋さんが閉店したとか、駅前の居酒屋が潰れたとかいう類のケースのほとんどは含まれていません。また、運営する複数店舗のいくつかが閉店したというのも対象外です。もし、これらを対象に含めると、総件数は桁が軽く1つ増えるでしょう。



なお、帝国データバンクの調査結果では、2020年の倒産件数は同じベースで780件となり、やはり過去最高を記録したようです。東京商工リサーチの調査結果と件数の差異がありますが、いずれにせよ、2020年の飲食業の倒産件数が過去最高だったことは一致するところです。



■意外? 焼肉店の倒産件数は2011年以降で最少



さて、そんな未曾有の危機に見舞われた2020年でしたが、飲食業では「焼肉店」の倒産件数が大幅に減少しました。東京商工リサーチの調査によれば、「焼肉店」の倒産件数は14件(前年2019年は21件)となり、記録が残る2011年以降では過去最少を記録。また、負債総額も2014年を下回って過去最少です。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク