【国公立・私立別】「子ども1人を大学に通わせる費用」リアルにいくらかかるのか?

【国公立・私立別】「子ども1人を大学に通わせる費用」リアルにいくらかかるのか?
拡大する(全1枚)

2022年の大学入学共通テストは1月15~16日です。試験前のこの時期は、お子さんだけでなく家族も緊張してしまいますね。



今年も新型コロナウイルスが雇用や収入などへ影響を与えました。親としては「子どもが希望する先へ進学させてあげたい」と望まれる方も多いと思います。



大学入学は一般的に18歳になる年齢のことが多いため、お子さんの年齢が小さなうちは大学費用を漠然とのみ捉えている方もいるでしょう。実際に子ども1人を大学に通わせるにはどれくらい費用がかかるのか、国公立と私立それぞれについて見ていきます。



■【国公立大学】子ども1人を大学に通わせる費用



大学費用は国公立か私立か、また学部によっても大きく異なります。ここでは一つの参考として、日本政策金融公庫の「令和2年度『教育費負担の実態調査結果』」(2020年10月30日公表)を参考に、「国公立大学・私立大学(文系・理系)」に分けて見ていきます。



まずは国公立大学の4年間の学費をみてみましょう。



■国公立大学



  • 大学1年:192万円
  • 大学2年:115万円
  • 大学3年:115万円
  • 大学4年:115万円

合計:537万円



〈内訳〉



  • 入学費用:77万円
  • 在学費用(1年間):115.0万円

※入学費用とは、受験費用、学校納付金、入学しなかった学校への納付金
※在学費用とは、学校教育費(授業料や通学費、施設設備費などのその他の学校教育費)と家庭教育費(学習塾・家庭教師の月謝や参考書・問題集の購入費などの補助教育費や、おけいこごとにかかる費用)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク