村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ
拡大する(全3枚)

村田製作所(6981)は2022年2月1日、2022年3月期Q3の決算を発表しました。



今回は決算発表資料をもとに、業績内容について解説していきます。



それでは早速、売上高や営業利益などの決算概要について見ていきましょう。



■決算での売上高と営業利益はどうだったか



売上高は1兆3794億円(前年同期比+13.0%)、営業利益は3360億円(同+40.1%)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2504億円(同+42.0%)となりました。



村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ

出所:村田製作所「2022年3月期 第3四半期決算短信」



それでは、具体的に事業の動向がどうであったかを振り返りましょう。



■事業の動向はどうであったのか



■ポイント



  • 四半期ベースで売上は過去最高更新。第3四半期累計ベースでは売上、営業利益ともに過去最高更新。
  • Q2と比べると売上は+0.6%と微増。
  • 高周波モジュールやコネクティビティモジュールがスマホ向けで増加。バッテリーもパワーツール向けに増加。
村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ

出所:村田製作所「2022年3月期 第3四半期決算短信」



損益計算書を見てみると、原価率の改善が増益に大きく寄与したことがわかります。



社内の合理化施策が奏功しています。



■まとめにかえて



今回の決算では、通期の業績予想と配当予想も変更されました。



売上高予想は従来の1兆7300億円から1兆7700億円へ、営業利益予想は3650億円から4100億円へ、親会社株主に帰属する四半期純利益は2710億円から3020億円へとそろって引き上げられました。


この記事の画像

「村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ」の画像1 「村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ」の画像2 「村田製作所の株価はどうなるか「原価改善で利益4割増」通期の業績・配当予想も引き上げ」の画像3