ユニクロことファーストリテイリングの株価は今後どう推移する?

       

■上昇か下落かを予想する材料とは



ユニクロことファーストリテイリングの株価は今後どう推移する?

皆さんおなじみのアパレルブランド「ユニクロ」を運営するのはファーストリテイリング。同社は、現在では国内だけではなく、海外にもその拠点を展開し、2017年12月14日現在の時価総額は4兆円を大きく上回る企業となっています。



今回はそのファーストリテイリングの株価がどのように推移するのかを予想するために、様々な切り口で分析していきたいと思います。



■ファーストリテイリングの株価を支える業績を振り返る



ファーストリテイリングの2017年8月期の実績は、売上収益(売上高)が1.8兆円超、営業利益は1,700億円超。営業利益率は10%には届かないものの、大きな売上高と高い収益性を実現している企業です。



また、売上収益の内訳を見ると、国内ユニクロが約44%、海外ユニクロが38%、グローバルブランドが18%と、引き続き国内比率が40%を超えてはいますが、海外とグローバルブランドの比率が年々上昇しています。つまり、ユニクロは日本だけでなく、世界で存在感を発揮するアパレルブランドへと成長していることが分かります。



では、営業利益の内訳はどのようになっているのでしょうか。同じく2017年8月期の実績を見ると、国内ユニクロが52%、海外ユニクロが40%、グローバルブランドが8%となっており、売上収益の内訳と比べると国内ユニクロの占める比率が高くなっています。



今後、海外ユニクロの収益率が上昇すれば、ファーストリテイリング全体の収益を牽引することになっていくでしょう。


LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月19日の経済記事

キーワード一覧

  1. ユニクロ ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。