NYダウ、6日連続大幅下落!世界同時株安で「協調利下げ」の可能性も?

NYダウ、6日連続大幅下落!世界同時株安で「協調利下げ」の可能性も?

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは111.04下値メドは108.53

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


利下げで「円高」?


 27日(木曜)のNY株式市場は、主要3指標(NYダウ、S&P500、ナスダック)がそろって下落。ダウは1190.95ドル安で、過去最大の下げ幅を記録。ドル/円は不安定な動きを続けながら110円を割り109.62円まで円高。28日の東京市場ではさらに円高が進んでいます。


 米国の10年物債券利回りは過去最低水準をさらに更新して、一時1.24%まで低下。今年の初め(といってもほんの2カ月前)は1.90%でした。マーケットが予想するFRB(米連邦準備制度理事会)の3月利下げ確率は70%超。むしろまだ100%になっていないのが不思議なくらいです。


 パウエルFRB議長や連銀総裁からはまだ、利下げの条件とされる「重大な見通しの変化」があったという見解は示されていません。しかし、マーケットの声に素直に従うことが、経済的にもそして政治的にも最善とFRBは考えているでしょう。今後の連銀総裁の発言は要注意。


 ECB(欧州中央銀行)は、ラガルド総裁が「まだ新型コロナウイルスに対応する段階ではない」と発言。これを受けてユーロは対ドルで急上昇して1.10ドルを超えています。ECBが利下げに抵抗し続けるなら、ユーロ高が昂進する可能性も。FRBが利下げするならECBも従うだろうとマーケットは考えています。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。