「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り
拡大する(全7枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは110.80下値メドは106.40

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


110円は遠い?


 楽天証券が5月末に実施した相場アンケートの結果によると、回答頂いた5,054人のうち約33%(1,647人)が、6月のドル/円は「ドル安/円高に動く」と考えていることが分かりました。一方「ドル高/円安に動く」と考える人の割合は最も少ない約25%(1,279人)。最も多かったのは「動かない(わからない)」の約42%(2,128人)でした。


 ドル/円は先週の米雇用統計発表後の109.85円をピークに108円台に押し戻されています。さらに円高に進むのか。それとも多くの投資家が考えるように「動かない」相場に戻ってしまうのか。そのドル/円の方向を決めるかもしれないイベントがあります。


 それは今週のハイライトであるFOMC(米連邦公開市場委員会)。10日(日本時間11日午前3時)に政策金利発表、その後にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)の記者会見が予定されています。


 6月5日に発表された5月雇用統計が目覚ましい改善を示し米経済回復の期待が膨らむ 中でも、短期金利はなお非常に低水準にとどまっています。これはFOMCが、より積極的なフォワードガイダンスを発表することをマーケット参加者が警戒しているからと考えることができる。今日から始まるFOMCでは、YCC(イールドカーブ・コントロール)や、資産購入を終了期限の定めのないオープンエンド型に移行することなどを討議することになります。


この記事の画像

「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像1 「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像2 「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像3 「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像4
「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像5 「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像6 「「6月のドル/円は円高」。投資家の3割が予想 週明けのドル/円は大幅下落、108円台前半へ逆戻り」の画像7