日経平均の動き、トレンドブレイク・ラインの中に三角もちあい形成の「マトリョーシカ」?

       
日経平均の動き、トレンドブレイク・ラインの中に三角もちあい形成の「マトリョーシカ」?

ブレイクラインの中に三角もちあいを形成。上下どちらの意識が強い?

 7月相場入りとなった先週末7月3日(金)の日経平均は2万2,306円で取引を終えました。前週末終値(2万2,512円)からは206円安、週足ベースで3週ぶりの下落となりました。


 まずは早速、足元の状況から確認していきます。


■(図1)日経平均(日足)の動き(2020年7月3日取引終了時点)


日経平均の動き、トレンドブレイク・ラインの中に三角もちあい形成の「マトリョーシカ」?
出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

 先週の日経平均ですが、週初の29日(月)に2万2,000円台割れとなったものの、翌30日(火)に持ち直し、その後は週末まで方向感が出ないまま、2万2,000円台でのもみあいが続きました。


  前回のレポート では、「そろそろ株価が動き出す可能性」について指摘し、上下の「ブレイクライン」に注目しましたが、先週も日柄調整の日々を過ごし、25日と200日移動平均線の狭い範囲内での推移となりました。


 その結果として、ロシア人形のマトリョーシカのように、ブレイクラインの中に「三角もちあい」が形成される格好となっています。その三角もちあいについては先端がかなり細っているため、今週の取引で上下のどちらかに抜けそうですが、どちらにしても、上方向は25日移動平均線、下方向は200日移動平均線をトライし、そして、ブレイクラインまでの動きと勢いが出てくるかが今週の焦点になります。


 では、上方向と下方向のどちらの意識が強いかと言えば、現時点では下方向がやや優勢です。その理由としては、上値のブレイクラインを超えても、これまでにも紹介した2万3,000~2万4,000円台の「抵抗帯」が控えている他、三角もちあいの形状です。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。