価格を下げても負けたくない!米国VSサウジのシェア争いで、原油価格下落!

       
価格を下げても負けたくない!米国VSサウジのシェア争いで、原油価格下落!

2014年半ばから2016年にかけて原油価格が急落

 前回は、穀物価格の長期的な価格水準が引き上がったことについて話をしました。今回はエネルギー銘柄の1つ、原油でおきた価格急落の話です。


 国際的な原油価格の指標の1つである*WTI原油先物価格の推移を見てみましょう。NYの先物市場で取引されている原油の価格です。
 


*WTI=West Texas Intermediate。米国南部で産出される軽質で低硫黄な原油の総称


 2014年6月時点で、1バレルあたり105ドルを超えていた原油価格は、2016年2月に33ドル台と急落しました。およそ2年間で60%以上も下落したわけです(終値ベース)。


 今回はこの、2014年前半から2016年前半にかけての原油相場の急落の背景を解説していきます。


図:原油先物 (期近、月足、終値)
 


価格を下げても負けたくない!米国VSサウジのシェア争いで、原油価格下落!
単位:ドル/バレル
出所:CME(シカゴ・カーマンタイル取引所)のデータをもとに筆者作成

 この原油相場の急落には、2つの原因が関連しています。【原因1】米国の金融緩和の終了によって下落がはじまり、【原因2】OPECの減産見送りが下落に拍車をかけたのです。


 まずは1つずつ、要因を見ていきましょう。
 


リーマン・ショックから復活したから原油が下落。なぜ?

 金融緩和とは、中央銀行(日本で言えば日本銀行)が、金融機関などから国債などを買い上げ、それと引き換えに一般社会に資金を供給する、経済を活性化させるために行われる手法の1つです。


 2008年に発生したリーマン・ショック後の経済の立て直しのため、世界各国で大規模な金融緩和が行われました。中でも影響が甚大だった米国では、2009年初旬から3度にわたって大規模な金融緩和が行われました。金融緩和実施により景気好転の期待が高まりました。景気好転の期待は、将来の石油消費が増加する連想を生み、原油相場は大きく上昇しました。2014年の半ば、原油相場は100ドル前後の水準で高止まりしていました。大規模な金融緩和の実施が、原油相場の上昇・高止まりの一因だったのです。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。